TOGANE Life|スローで豊かな、東金暮らし。

会社勤めしながら、これじゃないなと思っていました

サラリーマンから、農家に転身した村井さん。
どのような経緯で転身したのか、転身後の東金の暮らしとは?移住やUターンなどが注目視される今、実際にご経験された村井さんに今回はインタビューを行ってきました!

私は、東金で生まれ東金育ちで、防衛大学に進学するタイミングで都内に出ました。その後、防衛大学から東北大学に入学しなおした後、同級生たちと同じように会社勤めを始めました。今でも私の同級生たちは、第一線で働いていて、それなりの地位で活躍していますが、私は会社勤めをしながら、私の進むべき道はこれではないなとずっと思っていました。もちろん、実家が農家だったというのもあると思いますが、東金に戻りたいという気持ちはずっと持ち続けていました。

 

農業をしながら外部との関わりを積極的にとる理由

東金に戻ってきてから、今の農業を中心とした生活を始めました。しかし、農業をやるだけでなく、その他の事業にも取り組んでいくようになりました。サラリーマンの経験が直接的に今の事業に役立つことはありませんが、間接的には視野を広げたり、外から様々なものを受け入れる姿勢は身についたりしたかなと思います。

 

農業と会社勤めにおけるストレスの性質の違い

会社勤めと、農家の違いの一つとして、ストレスの性質の違いがあります。会社勤めでは、心的なストレスが溜まりますが、農家では身体的なストレスが溜まります。これらをバランスとるようには気をつけています。そのため、定期的に東京には行くようにして、いつもと違う環境に身を置くようにしています。

 

東金市の発展に少しでも貢献したい

恐らく、私のように外部との関係を積極的に築く人も珍しいのかなと思います。やはり、ずっと東金に住んでいると、どうしても外部との関係を築くという発想が身につきにくいと思います。カメラガールズさんを受け入れたのも、そういった気持ちの表れです。それだけではなく、こういった活動は収益にならないので、東金市の力になれたらなという気持ちも持っています。今回だけではなく、今後も東金市の発展には貢献していきたいなと思っています。

 

都内から人が来てくれる良さをもっと活用すべき

今後の東金についてですが、まずは東金市が自身の価値を認識することが必要なのかなと思います。東金を悪く見ようとすれば、中継地点のような位置付けで、東金を経由して他地域に流れていってしまうことが多い市と言えます。しかし、捉え方によっては、それが強みと言えるのではないかなと思います。都心から人が気軽に来れる良さがあるので、東金に来てもらうことはできているのです。ですから、まずは来てもらって、そこで東金で遊ぶような仕掛けをしていく必要があるのかなと思います。今は、東金駅に着くと、そこから足がないので、東金市内に出かける手段がありません。そこで、レンタカーやカーシェアなどを提供することで、東金市内に出掛けてみようかなと思う人もいるのかなと思います。
嘆くのではなく、そこを良さと捉えることができれば、東金市はもっと良くなるかなと思います。

 

村井さん、インタビューのご協力ありがとうございました。

トップへ戻る